事務所ブログblog

転勤の良い面およびそれらを伝える会社の施策について

近年、転勤に難色を示す人や、転勤のある会社を避ける人が増えているという報道が目立ちます。
もちろん転勤にはネガティブな面もありますが、良い面もありますので、バランスよく伝えられてほしいと思っています。
そこで今回は、転勤の良い面および会社としての施策について触れたいと思います。

転勤の良い面およびそれらを伝える会社の施策について

1.転勤の良い面

研修制度に関心がある人は多いですが、転勤は、研修では得難い経験により、自分自身を磨く機会になります。
例えば、以下のようなものが挙げられます。

●新しい環境への適応力

新しい環境に身を置くことで、変化に柔軟に対応する力や、困難を乗り越える力が身につきます。

●ストレス耐性の向上

慣れない職場・仕事への挑戦・生活環境など、様々な困難を乗り越えることで、ストレス耐性が向上し、プレッシャーや困難に立ち向かうための強さを身につけることができます。

●楽しむ力

ストレスと付き合いながら、趣味を見つけるなどして生活を楽しむ力を身に着けるきっかけとすることができます。

●自立心

家族や友人から離れて生活することで、自立心が養われます。自分で考え、行動することで、自立した社会人として成長することができます。

●感謝の気持ち

慣れた環境から離れることで、今まで当たり前だったことへの感謝の気持ちが芽生えます。周囲の人々や恵まれた環境に感謝することで、より充実した人生を送ることができます。

●コミュニケーション能力

異なる文化や価値観を持つ人々と接することで、違いを尊重するなどコミュニケーション能力が向上します。

●創造性

転勤先では、異なる文化や価値観を持つ人々と接することで、固定観念にとらわれず、柔軟な思考を養うことができます。多様な視点を受け入れることで、新たなアイデアを生み出す創造性が向上します。

●新しい人脈の形成

転勤先で新しい人と出会い、人脈を形成することができます。これは、仕事面だけでなく、プライベート面でも有益となるでしょう。

まだまだあるとは思いますが、転勤を成長の機会として前向きに捉え、打診されたときは、やむを得ない理由がない限り積極的にチャレンジしてほしいと思います。

2.会社としての施策

このまま世の中の流れにまかせていると、転勤に否定的な人が多くなり、組織運営や能力開発で支障が出る可能性があります。

そこで以下のように、社内の転勤経験者にインタビューし、転勤の経験談を伝え、理解を深めてもらうのはいかがでしょうか? 

●掲載方法

社内報(紙面・電子版)、社内SNSなど

●インタビュー内容

転勤前の不安や期待、転勤先で苦労したこと、転勤を通して得られた経験や学び、転勤を検討している人へのアドバイスなど定期的に掲載することで、転勤に対する理解を深めることができます。

●副次的効果

インタビューを通して、異なる部署や職種の社員の仕事内容や価値観を知ることができ、相互理解を深めることができます。また、転勤経験者が他の社員から質問を受けるなど社員同士のコミュニケーションが活発化する効果もあります。

★ツイッター始めました
労務のこと、日常のこと(趣味や地元など)をつぶやいてます。ぜひご覧ください。
URL:https://twitter.com/teru_arai

更新日|2024 05 28

労務管理のことなど、まずはお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ【電話:06-6868-2210】 ホームページからのお問い合わせ|24時間受け付けております

オンライン・ツール(Zoomやスカイプなど)での労務相談を開始しています。

コロナ禍を機に、オンライン・ツールを仕事に使われる方が増え、
当事務所でも、これまで対応が難しかった遠方の会社様とオンラインによる面談ができるようになっています。
全国各地対応させて頂きます。お気軽にご連絡ください。。。

無料相談実施中

経営者・労務担当者様専用
お問い合わせ・ご相談窓口

  • TEL 06-6868-2210
  • 受付時間
  • 9:00~18:00(月~金)

お気軽にご連絡ください

Copyright © 2010-2024 新居労務管理事務所. All Rights Reserved.