事務所ブログblog

厚生年金保険における標準報酬月額の上限の引き上げ

令和2年9月より厚生年金保険の標準報酬月額の上限が引き上げられます。
下図の通り、改定前の等級は第31級・62万円でしたが、改定後は第32級・65万円という等級が新設されます。

[改定前]

月額等級 標準報酬月額 報酬月額 一般・坑内員・船員
(厚生年金基金加入員を除く)
全額 被保険者負担分(折半額)
18.300% 9.150%
第31級 620,000円 605,000円以上 113,460円 56,730円

[改定後]

月額等級 標準報酬月額 報酬月額 一般・坑内員・船員
(厚生年金基金加入員を除く)
全額 被保険者負担分(折半額)
18.300% 9.150%
第31級 620,000円 605,000円以上
635,000円未満
113,460円 56,730円
第32級 650,000円 635,000円以上 118,950円 59,475円

これにより、これまで第31級の等級をさらに超える報酬を受け取っている方については、厚生年金保険料が上がることになります。
会社のアクションとして、給与に影響するため、事前に説明されることをお勧めします。厚生年金保険料が上がるということは、将来の年金受給にはプラスになることも含めてお伝えください。

また、
①標準報酬月額の改定に際して、事業主からの届出は不要。
②厚生年金保険の標準報酬月額の上限改定に伴い、改定後の新等級に該当する被保険者がいる事業主に対して、令和2年9月下旬以降に日本年金機構より「標準報酬改定通知書」を送付。となっています。

参考リンク
○「厚生年金保険における標準報酬月額の上限の改定」@日本年金機構
https://www.nenkin.go.jp/oshirase/taisetu/2020/202009/20200901.html

更新日|2020 09 13

労務管理のことなど、まずはお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ【電話:06-6868-2210】 ホームページからのお問い合わせ|24時間受け付けております

無料相談実施中

経営者・労務担当者様専用
お問い合わせ・ご相談窓口

  • TEL 06-6868-2210
  • 受付時間
  • 9:00~18:00(月~金)

お気軽にご連絡ください

5Lit5biC5pu95qC55p2x55S677yS5LiB55uu77yR4oiS77yVIOOCs-OCs-OCueODk-ODqw!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1576843326967!5m2!1sja!2sjp" width="1000" height="300" frameborder="0" style="border:0;" allowfullscreen="">K5Lit5biC5pu95qC55p2x55S677yS5LiB55uu77yR4oiS77yV!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1561130891943!5m2!1sja!2sjp" width="1000" height="300" frameborder="0" style="border:0" allowfullscreen>
Copyright © 2010-2020 新居労務管理事務所. All Rights Reserved.