事務所ブログblog

労働保険料の申告:高年齢免除措置終了に伴う概算保険料について

労働保険料の申告:高年齢免除措置終了に伴う概算保険料について

雇用保険法改正により高年齢免除措置が終了し、令和2年4月分の給与から高年齢労働者に対しても雇用保険料が発生しています。
しかし、労働保険年度更新申告書の書き方パンフレットP14によると、労働保険申告書の令和2年度概算賃金は、高年齢労働者分が引かれ(免除され)、確定賃金と同額となっています。

更新日|2020 07 10

つづきを読む

雇用調整助成金の受給額の上限引き上げ

雇用調整助成金の受給額の上限引き上げ

6月12日に第二次補正予算が成立し、上限額が8,330円から15,000円に増額となりました。
適用は、4月にさかのぼってということであり、すでに支給されている場合も追加の手続きはいらないとのことです。
これまで、特に正社員を多く休業させ、休業手当を100%などと高く設定した場合、上限8330円までしかもらえず、会社負担が多くなっていました。
これで会社負担が少なく済むようになり、かなり助かります。

更新日|2020 06 29

つづきを読む

未払い賃金を請求できる期間が延長

未払い賃金を請求できる期間が延長

令和2年(2020年)4月1日に施行された労働基準法の改正で、未払い賃金を請求できる期間が3年に延長されました。
未払い賃金の中で、最も影響が大きいのは未払い残業代です。
これまで未払い賃金を請求できる期間が2年でしたので、単純に考えて未払い残業代は1.5倍になります。
また、未払い賃金が1.5倍に増えるということは、労働者側の支援者が得られる報酬も大きくなることを意味します。つまり、その分会社が訴えられるリスクが今後ますます高まるということでもあります。

更新日|2020 06 16

つづきを読む

新36協定届の健康確保措置(新設)について

新36協定届の健康確保措置(新設)について

今年4月から中小企業にも適用されている時間外労働の上限規制に関して、特別条項付きの36協定で新たに定める事項とされたのが、健康福祉確保措置です。
左記新様式の緑で囲った欄に、以下の10項目中から選択し、その番号と具体的内容を記入することになっています。
※様式の裏面に記載されています。

更新日|2020 05 28

つづきを読む

電子申請の流れがより一層強く

電子申請の流れがより一層強く

今年1月から、ハローワークの雇用保険適用窓口の受付時間が短縮となりました。
「午前8時30分から午後5時15分まで」→「午前8時30分から午後4時まで」
受付時間短縮の目的は、午後4時以降を電子申請による申請・届出の集中処理をおこなう時間に充てるとのことです。

それまで会社から帰宅途中にハローワークに立ち寄る労務担当の方が結構おられると聞いていましたので、不便に感じられていると思います。当事務所では、9割ほどはすでに電子申請に切り替えていましたので、ほっと胸をなでおろしています。

更新日|2020 05 11

つづきを読む

【働き方改革への対応シリーズ】
有給休暇編|年次有給休暇の5日義務化への対応策

【働き方改革への対応シリーズ】有給休暇編|年次有給休暇の5日義務化への対応策

【働き方改革への対応シリーズ】
有給休暇編|年次有給休暇の5日義務化への対応策
計画的付与制度①
2019年4月より年次有給休暇の取得率向上を目的に、有給休暇の取得が義務化されています。
事業主として、従業員に有給休暇を5日取得させなければならなくなっていますが、「任せていてもなかなか取得が進まない」、「個々に取得を促すのは手間がかかる」など頭を悩ませておられる場合も少なくありません。

更新日|2020 04 28

つづきを読む

【令和2年4月1日から】高年齢労働者の雇用保険料の免除が終了

【令和2年4月1日から】高年齢労働者の雇用保険料の免除が終了

雇用保険については、平成29年から65才以上の労働者についても雇用保険の適用対象となっていますが、経過措置として、高年齢労働者※に係る雇用保険料は免除されていました。本年4月1日からは、経過措置は終了し、高年齢労働者に係る雇用保険料も徴収の対象となります。

更新日|2020 04 09

つづきを読む

新型コロナウイルスに関するQ&Aについて

新型コロナウイルスに関するQ&Aについて

厚生労働省では新型コロナウイルスに関するQ&Aを公開し、頻繁に更新しています。当事務所にもお客様から「熱を出して休んでいる社員がいるがどうしたらいいか?」というご相談を頂き、以下の内容を基に助言させて頂きました。

更新日|2020 03 16

つづきを読む

ハラスメント研修(パワハラ、セクハラ、マタハラ)承ります。

ハラスメント研修(パワハラ、セクハラ、マタハラ)承ります。

パワハラの具体的内容が示された指針が公表され、今後社内研修の実施を検討される会社様も多いかと思います。社内状況やご要望を打ち合わせさせて頂いて、御社に合わせた研修をお作りいたします。

更新日|2020 03 05

つづきを読む

パワハラに該当する例・しない例が示されたパワハラ防止指針の公開

パワハラに該当する例・しない例が示されたパワハラ防止指針の公開

パワーハラスメント(パワハラ)に関して雇用管理上講ずべき措置等についての指針、セクシュアルハラスメント(セクハラ)及び妊娠・出産・育児休業等に関するハラスメント(マタハラ)に関して雇用管理上講ずべき措置についての改正指針が策定されました。(令和2年1月15日告示)

更新日|2020 02 16

つづきを読む

労務管理のことなど、まずはお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ【電話:06-6868-2210】 ホームページからのお問い合わせ|24時間受け付けております

オンライン・ツール(Zoomやスカイプなど)での労務相談を開始しています。

コロナ禍を機に、オンライン・ツールを仕事に使われる方が増え、
当事務所でも、これまで対応が難しかった遠方の会社様とオンラインによる面談ができるようになっています。
全国各地対応させて頂きます。お気軽にご連絡ください。。。

無料相談実施中

経営者・労務担当者様専用
お問い合わせ・ご相談窓口

  • TEL 06-6868-2210
  • 受付時間
  • 9:00~18:00(月~金)

お気軽にご連絡ください

Copyright © 2010-2020 新居労務管理事務所. All Rights Reserved.